東南アジアの狩猟短剣(黒角)

2018.04.20 Friday 10:23
0

    JUGEMテーマ:アンティーク

     

    東南アジアの短剣ですが、フィリピン、タイ、インドネシア方面の外装の珍しい狩猟短剣です。時代は不明ですが、古いものです。鞘は堅木で造られており、鯉口は黒い角でできており、繊細な彫りが施され、大変凝った造りで美術品のようです。柄も角でできており、彫りが施されています。刀身は磁石がくっつき、.切れますが、ところどころさびがあります。刀身は頑丈な鉄製で、元重ねの幅は5ミリあります。 全長33センチ、刀身19.5センチ。重さ210グラム。

     

     

    category:東南アジアの短剣・ナイフ | by:nagisa aoi | - | -

    スポンサーサイト

    2018.09.21 Friday 10:23
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -

      PR
      Calender
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recommend
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM